「仕事辞めたい」という甘えを正当化する方法

この記事は約3分で読めます。

「仕事辞めたい?そんなの甘えだ!」

そう言われてしまうと反論できませんが、
正当化する方法はあります。

まぁ、他人は賛同してはくれないでしょうが……

「仕事辞めたい」の正当化

ダルいとか働きたくないとか、
そういった理由はなかなか正当化できません。

それはどう考えても甘えだからです。

ただ、
本当に辛くて精神崩壊しそうだとか、
身体が持たないとか、
そういった理由であれば全然辞めてもいいと思いますよ。

だって、
その状態で今後10年、20年と働き続けることはできないでしょう?

なら、自分に合った仕事に転職するか、
投資や自営業など始めてもいいですね。

今の状態を、
今後10年以上健康的に続けられるかどうかですね。

あとは、
給料以外でお金を稼げていれば問題なし。

いつ会社辞めても生活できる状態にしておけば、
正当化の材料になります。

「自分のビジネスを成長させるため」
「投資に集中するため」
「新規で事業を始めるため」
など成長が前提にあるなら甘えではないですね。

これは甘え

ただダルかったり、
めんどくさいとかそんなのは甘えです。

正当化の理由も見当たりませんし、
そんなんで辞めたらろくなことになりません

たまに
「自分でビジネスを始めるために辞める」
とか言い出す人がいますが、
これは甘えですね。

もし本当に自分で始めるのであれば、
既になにか取り組んでいるはずです。

あとは、今成果出てないくせに、
仕事辞めて集中すれば大きな成果が出ると盲信してる人もいますね。

こういうのって、
ビジネスの世界に夢を見すぎて仕事が嫌になってるだけです。

今なんの成果も出ていないなら辞めるべきではないですね。

5年後に仕事を辞める

どうしても辞めるべき人ならば、
すぐに辞めてもいいと思います。

ただ、夢があったりダルいだけならば、
5年後に仕事を辞められるように努力してはどうでしょう?

5年もあればいろいろなことを成せます。

投資でも起業でも、
5年間真剣になって一つも成果が得られない
などということは無いでしょう。

夢があったり、
ただ仕事がダルい人は、
5年後に仕事を辞めるために、
今から動き出すべき。

5年先というのは長いように感じますが、
今と同じ生活を死ぬまで続けるよりも、
これからの5年間真剣に取り組んだ方がよくないですか?

ただ仕事辞めたってどうせろくなことにはなりません。

何かに取り組んでいるとしたら、
芽が出ないのは働いているからではありません。

努力の方向が間違っているか、
努力の量が足りないかのどちらかです。

まぁ、結局のところ「仕事辞めたい」に賛同して勧めてくれる人はいません。

ならば、
辞めても文句を言えないくらいの結果を出してからにしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました