お金に執着する人は幸せになれる?!正しい執着で金持ちを目指そう!

この記事は約5分で読めます。

「お金に執着する人」って
どんなイメージあります?

ケチ、貧乏、ずるい……

ネガティブなイメージがほとんどでしょう。

でもね、
正しい執着をすると幸せになれるんです。

お金に執着する心理2タイプ

お金に執着する人の心理を
2タイプに分けました!

物惜しみから執着

一般的に「お金に執着する」というと、
こちらのイメージですね。

ケチだったり、
ここぞという時に出し惜しむ。

こういう人は、
「あげたくない」という心理からきます。

物惜しみですね。

ここでお金を出したら、
自分が損をするのではないか?
と考えてしまうのです。

こういう人はお金に限らず、
いろんなところでケチだったりする。

旅行に行ってもあまりお土産は配らなかったり、
付箋1枚すら上げるのをためらう。

物質的な報酬しか見えてないんです。

人間関係とか他人の感情とか、
そういうのが見えないから自分だけが損してる気分になってしまうのです。

そして、こういう人は最終的に損する。

人が離れていきます。

さらに、
自分には甘かったりするので、
余計なものを買ってしまったり、
変なところで金遣いが荒くなってしまう。

一見お金を守ってるように見えますが、
大きな損をしているんです。

幸せ目指した執着

お金は使うべき時に、
使うべきところへ使う。

この考え方ができるとお金は増えます。

一見お金に執着していないように見えますが、
実はこういう人は無意識レベルでお金のことを考えてます。

友達付き合いや会社での人間関係、
その他お金が必要な時には出し惜しむことはないけど、
無駄なものは一切買わない。

欲しいものがあっても、
本当に必要なのかよく考えてから動きます。

こういう人は、
割り勘なんかで端数が出たら
「いいよ、私出すから~」って自ら進んで払ったり、
旅行に行けば皆に喜んでもらうためにお土産を買ってくる。

でも羽振りがいいのとは違うんです。

どこでも誰にでもホイホイお金を使うということは絶対にしません。

使うべき瞬間というのを見極めているんです。

だから無駄がない。
欲しいと思ってもすぐ買わないけど、
出すときはちゃんと出す。

人間関係においてもお金を惜しむことはなく、
そういう人は周りから好かれます。

いい人たちから好かれます。

返報性の原理というのがあって、
人って「おかえし」をしたいんです。

だから、
自分が誕生日の時なんかは友達が祝ってくれたり、
会社でも「手伝おうか?」と声をかけられたり。

結果的に得するんです。

お金に執着してるからこそ、
使う瞬間を見極められるのです。

金持ちになるための執着法

多くの人は特にお金に執着しているということはないでしょう。

仮に物惜しみから執着していたとしても、
これから変えていけばいいんです。

正しく執着すれば、
お金持ちになれます。

無駄を省く

まず、無駄を省きます。

人は感情でモノを買います。

「これほしい!」と思ったらかごに入れる。

後になってよく考えてみると、
別になくても問題はないなということがほとんどです。

これをするだけでお金は貯まります。

どうしても欲しい時は明日買います。

今この瞬間というのは感情が高ぶってるので、
買うか買わないかの決断を迫られると
買ってしまうのです。

1日置いて考えてみると、
「別になくてもいいか」
「買うのは今じゃなくてもいいな」
という結論に至ります。

コンビニで美味しそうなスイーツが目に入った時も
「明日買おう」と決めるのです。

翌日になると理性が働いて、
「スイーツは欲しいけど今はお金を貯めるときだ。食べるのは今じゃなくていい、我慢しよう」
という考えになります。

あとは、安物買いの銭失い。

100均に同じようなものが売っていても、
それは100円です。

すぐ壊れたり使い物にならないこともある。

すると、何度も100均に足を運ぶことになるか、
結局正規品を買うことになったりする。
たとえ100円でも無駄にしてはいけないのです。

反対に、100均で十分なものもあります。

日常生活で使うコップなんかそう。
ショッピングモールで500円のグラスを買うより、
100均のプラスチックコップを買った方がいい。

落としても割れないし、安いし。

まず無駄を省きましょう。

人のためにお金を使う

人のために快くお金を使うというのは、
なかなかできるものじゃありません。

どうしても物惜しみが出てしまいます。

でも、これができれば周りから好かれるし、
最終的には自分が得をするんです。

長期的に見る目が大切です。

出し惜しめば短期的には損をしません。
でも、長期的に得をすることがなく、
むしろ長い目で見ると損をすることもあります。

誰彼構わずお金配ればいいってわけじゃないけど、
お金を守りすぎると大切な何かを失うことにつながります。

正しく執着すれば金持ちになれる!

正しくお金に執着すれば、
無駄なものは増えずお金が増えます。

そしてこれは貯蓄に限った話ではなく、
投資するにしても言えることです。

トレンドに流されて精査せずにわけわからん銘柄にぶっ込んでも損するだけ。

無駄なものは買わず、
使うべき時まで待つのがお金のたまる人。

今日から習慣を変えれば、
1年後のあなたには見違えるほど貯金ができていることでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました