物欲を抑えるたった1つの方法。「1日待てば明日にはいらなくなる」

この記事は約3分で読めます。

無駄なものにお金を使っていませんか?
「これ、無くてもよかったな」
と後でちょっぴり後悔することありませんか?

まぁ、あったとしても、
“ちょっぴり”後悔するくらいでしょう?

実はそれが危険信号。

守矢 竣三郎
守矢 竣三郎

物欲にまみれて

大きく後悔する前に!

あなたを惑わす世の中

世の中には人の物欲を煽るものばかりですねぇ。

『最新』『50%オフ』
『みんな使ってる』
『あのアイドルも絶賛』
『今だけ』
『期間限定』

あげればキリがありません。

ただでさえ、
欲しいものがたくさんあるのに、
ここへきてさらに追い打ちをかけようとは……

一つ一つの値段は大したことがないかもしれない。
買った後でちょっぴり後悔するかもしれないけど、
しょせん“ちょっぴり”

されど“ちょっぴり”です。

『塵も積もれば山』はみんな知ってるけれど、
果たして日常生活に取り入れているでしょうか?

家にある不用品を数えてみましょう。
衝動買いしたもの、
流行に載せられたもの、
今考えたらいらないもの……

それらの購入金額を計算してください。

……ね?

ちょっぴり後悔を無くすだけで、
後に来る大きな後悔を無くせます。

1日待てばいらなくなる

欲しいものを見かけたら1日待つ

これで無駄な買い物の9割がなくなります。

人が物を買うときというのは、
『理性』ではなく『感情』が働いています。

「欲しい、欲しい、……」

そういう感情が湧いてくるからこそ、
衝動買いや不用品の購入を避けられないのです。

反対に、『理性』でもって買い物するときは、
必要最小限をよく吟味し、
適切なものを買うことができますよね。

人は感情に流されやすい。

物欲を抑えたいなら、
感情で判断するのをやめて、
理性で判断する癖をつけていきましょう。

1日経っても欲しいとき

翌日になっても「欲しい」という気持ちが変わらないことってあります。

だからといって、
「1日待ったから買ってもいいよね!」
ってのはダメ。

まだ感情で買おうとしてます。

そんな時はさらに考えてみます。

「それ、今すぐじゃないとだめですか?」

今すぐでなくてもよいことがほとんどですよね。
別に今日じゃなくても明日でいいし、
明日でいいなら1週間後でも1か月後でもいいんです。

時間が経てばたつほど必要なくなってくるものです。

衝動的に買ってしまうと、
そこでたとえ数百円~数千円くらいでも、
将来的に数十万~数百万になります。

お金がない人ほど、
こういった無駄な買い物が本当に多い。

無駄な買い物を無くすだけでお金は貯まるし、
本当に必要なところへ必要なだけ使えます。

無駄をなくすことこそ、
お金が貯まる第1歩ですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました