人生の失敗を最小限に抑えるための行動術

この記事は約2分で読めます。

人生の失敗は常に過去やらなかったことから来ます。

そして、
起きてしまった出来事に対して何もしないことは、
さらに人生を失敗へ導くのです!

人生は再生可能

例えば、
1億円の借金をしても人生は失敗にはなりません。

自己破産してゼロから再スタートすればよいのです。

しかし、
ここで絶望し自殺してしまったらその人生は失敗です。

どんなに酷い状況になっても、
事態を好転させようと努力している間は失敗ではありません。

いくらでも再生はできるはずです。

どんなに絶望的でも、
選択肢は100%複数存在しています。

単純に言えば、
「やる」か「やらない」かですね。

人生の失敗は死ぬ直前に!

今生きているにもかかわらず、
「人生に失敗した」というのはおかしな話です。

人生が失敗だったかどうかは、
死ぬ直前まで分かりませんよ。

一見どん底人生に見えたものの、
数年後に復活している人だっていっぱいいます。

「人生、失敗だ」というのは、
ただ今置かれた状況に絶望し悩んでいるだけ。

さらに言うと、
悩むだけで解決しようとしていないですね。

解決を目指しているのなら、
「人生失敗だ」なんて言ってる暇ないですから。

死ぬ直前に考えること

死ぬ直前に、
「あれもやってない、これもやってない」
「こうしとけばよかった、あれはやらなきゃよかった」

などと後悔はしたくないものです。

人生でなにか大きな問題が発生した時、
そこから目を背けて解決しないと、
死ぬ直前に後悔するでしょう。

それこそが人生の失敗です。

人生の失敗を最小限に抑えたいなら、
今失敗だと思っていることを片っ端から潰していくことです。

後悔なくこの世を去るには、
人生を失敗したままにしてはいけません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました