【幸せになるコツ】負の感情を排除して程々を知ることが幸せの始まり

この記事は約3分で読めます。

幸せになるシンプルなコツは
負の感情を排除すること。

幸せの中から苦しみを生まないコツは、
程々を知るということ。

幸せになる最もシンプルな『コツ』

幸せになるシンプルなコツは、
『負の感情』を徹底排除すること。

単純に考えて、
日常生活から不幸に感じることを無くしてしまえば、
それだけで今よりずっと幸せになれるんです。

幸せになりたいからと言って、
小さな幸せをかき集めていると同時に苦しみも増します。

だから、まずやることは不幸の要素を取り除くこと。

これが幸せになるシンプルなコツです。

不幸の要素というのは『負の感情』のことです。

参考記事負の感情を排除する方法はこれでわかる!

幸せを見分ける

幸せかどうかというのは見分けが簡単。

その状態が続いたとき、
自分が嬉しく楽しい気持ちになれるかどうかです。

例えば、
美味しいものを食べているときは楽しいですよね。
その状態が続けば幸せですね。

反対に友達と喧嘩してるときは悲しい。
その状態が続いても苦しいだけ。

幸せかどうかは、
その状態が続いたときに楽しい・嬉しい気持ちになれるかどうかです。

幸せは続かない

幸せな状態はずっとは続きません。

楽しいこともあれば辛いこともある。

あたりまえですね。

食べているときは幸せ。
でも食べ過ぎたらお腹が張って苦しい。

友達といると楽しい。
でも24時間一緒にいるとストレスを感じる。

ゲームはおもしろい。
でも寝ずにやってたら辛くなる。

程々を知るのがコツ。

何事にも終わりは来るので、
どのタイミングで手を引くか、
どう行動するかが重要!

また、幸せがずっとは続かないように、
不幸なこともずっとは続きません。

1日の中で、幸せなポイントを探してみましょう。

不幸と幸せは交互にやってきます。

幸せになるコツと人生における幸せ

幸せになる最もシンプルなコツは、
負の感情を徹底排除すること。

そして、
幸せな時間が永遠に続くことは無い。
つまり程々を知るということ。

日常生活で負の感情を見つけたら潰し、
幸せな時間があったらそれが苦しくなる前にやめる。

喧嘩して嫌な気持ちになっていたら、
まずは素直に謝る。

食べるのが幸せだからと言って、
お腹がパンパンになるまで食べ過ぎない。

日々の生活の中で絶えず繰り返される幸せと不幸。

この幸せを最大限大きくし、
不幸を最小限に抑えていけば、
日々幸せを感じながら生活できますね。

今日紹介したコツは、
日常生活という小さなスケールでの話。

人生という大きなスケールで見ると、
また少し考え方が変わってきますが、
基本はここにあります。

日常の幸せを見つめなおし、
負の感情を減らしていく。

この日々の積み重ねが人生。

幸せになるコツ、
実践してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました