夢を叶える具体的3ステップ【よく調べ、考え、完成度6割で実践】

この記事は約3分で読めます。

夢を叶えるには、
前提条件として原理的に可能かどうかが大事。

そして、
よく調べ考え完成度6割で実践する。

この3ステップで夢は実現可能なものになります!

前提条件『原理的に可能かどうか』

例えば瞬間移動とか、
神になるとか、
そういった非現実的なことはまず叶いませんね。

まずは、原理的に可能かどうかです。

例えば、
5000兆円稼ぐってのはどう考えても無理ですね。
でも10億円なら不可能ではない。

10億円以上稼いだ事例というのはいくらでもありますから。

夢を叶える具体的3ステップ

夢を叶えたいからと言ってがむしゃらに動いてもダメです。

何かを実現させるには順序というものがありますから、
ステップを踏んで夢を叶えましょう!

よく調べる

まずは徹底的に調べましょう。

  • あなたと同じ夢を持った人はいないか
  • 先に成功事例はあるか
  • 実現するためには何が必要か
  • どれくらい時間がかかるか
  • どうアプローチしたら効率が良いか

などなど、
徹底的に調べつくします。

どんどん情報を蓄積していきましょう。

考える

調べたことをもとに、
どうアプローチしたらその夢がかなうかを考えます。

どの程度考えるかというと、
あとは実践するだけ状態にします。

計画を練りに練って、
行動さえすれば夢がかなう状態までに仕上げます。

ここでは失敗した時のことも考えます。

もし、そのアプローチで夢の実現が叶わなかったら、
『次はどう動くか』まで考え抜きましょう!

完成度6割で実践する

計画も練りあがっていよいよ実践です。

ここで重要な考え方があります。

完成度6割で実践するということ。

どんなに緻密に計画を練っても、
実践してみたらトラブルが発生することもあります。

100%を目指してるのに、
完成度が70%くらいしかないこともあります。

でも、それでいいんです。

夢を叶えるというのは、
これまで自分が成しえなかったことをするということ。

失敗があって当然です。

むしろ計画通りにいかないのがあたりまえなので、
その度に計画修正するよりは、
6割の完成度で一旦は手を打つのです。

たとえ6割といえど、
夢の実現ができたのであれば、
それをもとに再び考える。

そして、さらに上を目指した計画を練るのです。

2度目は1度目より成功しやすい。
夢が現実味を帯びてきます。

失敗を恐れて100%の結果を残そうとしても、
なかなかトラブルが邪魔して進めません。

それならば、
なんども失敗を積んで着実に100%実現へ向けて歩いて行った方が早いです。

夢の実現は失敗の繰り返し

夢を実現させるというのは、
そうそう簡単なことではありません。

難しくて当然なのです。

失敗して当たり前なのです。

失敗を繰り返すたびに知識と力をつけ、
再び挑戦する。

ここでもまた失敗するかもしれない。
そうしたら更なる知識と力を携え3度目を……

失敗を繰り返し、
種を蒔き続けた人だけが最後に笑顔になれます。

良く調べ、考え抜き、完成度6割で実践する。

この3ステップで夢の実現はぐっと身近になりますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました