起業したい!自由になりたい人のための起業学|次世代の起業家になる方法と失敗しないための経営戦略

リスク0で起業したい!失敗することなく成功まで上り詰める、現代に合った次世代の起業法を知り、真の「自由」と「幸せ」を手に入れるためのブログ。あなたも自由で幸せな起業家を目指してみませんか?

次世代起業家育成セミナー

人生の選択を間違えたら

      2016/05/22

Pocket

正しい選択をすればいい

規模の大小に関係なく、人生は選択の連続です。

例えば、
今お菓子を食べるか食べないか、
勉強するかしないか、
何か新しいことを始めたり挑戦してみたり、
弁護士を目指したり総理大臣を目指したり、
様々な選択の連続です。

ビジネスにおいても同じことが言えます。
どんな言葉を使うか、
どんな方法で売るか、
どんなビジネスをするか…

これら一つ一つの選択が成功の道へつながります。

 

ただ、
決められた選択というものがあります。
マニュアルやルールです。

たしかにマニュアル通りやったり、
ルールを順守することは大切です。

しかし、
時にはその選択が間違っていることがあるのです。
そこを見極めてルールに従うか、
それとも自分で選ぶか。

なかなか難しい所ですが、
正しい選択ができたのであれば、
成功することができます。

 

 

マニュアル通りにやったらダメだった

先日起きた悲しい事故です。
パトカーに追われて木に衝突し、
運転手の男性が亡くなりました。

 

この事故の男性は飲酒運転の疑いがあり、
それを見つけた警察官は
パトカー2台で追跡しました。

男性は信号無視などして
警察の呼びかけにも応じなかったそうです。

その後、
ハンドル操作を誤ったのか、
男性は道路脇の木に衝突して強く頭を打ち、
約1時間後に亡くなったそうです。

 

とても悲しい事故ですね。
選択ひとつで人生が変わってしまいます。

警察官には大きく分けて2つの選択肢がありました。
「追いかける」と「追いかけない」です。

男性には「逃げる」と「逃げない」の選択があります。

この事故を回避する方法は二通り。
男性が「逃げない」か警察が「追いかけない」の
どちらかです。
どちらかがこの選択を取っていれば
今回の事故は起こりませんでした。

 

ただ、
警察が「追いかけない」を選択する確立は
かなり低いでしょう。
職務怠慢になる上、違反者を見逃すことになります。

今回はマニュアル通りにやったらダメだったのです。
今日だけたまたま「追いかけない」を選択していれば
事故は発生しませんでした。

 

警察が悪いと言っているのではないですよ。
マニュアルが常に正しいとは限らないという話です。

「めんどくさいから追いかけない」という
自分勝手な選択が正しいことだってあるのです。

まあ、
選択する前にそれが分かれば楽なもんですよ。
どの選択が正しいかなんて
後にならないと分かりませんから。

 

本当は、
男性が「逃げない」を選択すれば
それが一番いい結果になったのですが…

それを言っても仕方ないです。

 

 

選択を修正する

選択ひとつで人生が変わります。
それこそ、
生死を分けることだってあるのです。

「選択」というものは凄い力を持っています。
人生を変えるくらい造作もないですよ。
正しい選択をすれば自分の思うように人生が変わります。

 

そうは言っても、
常に正しい選択をし続けるというのは
非常に難しいです。

選択を誤ってしまうこともあるでしょう。

 

僕だって選択を誤ることくらいあります。
「こうしておけば…」とか
「ヤバイ!どうしよう」とか
「また怪我しちゃった」とか
「醤油かけすぎた」とか
そんなのしょっちゅうです。

 

でも、
自分の人生に影響するような選択は
今まで誤ったことがありません。

まだまだ人生と呼ぶには短いかもしれませんが
それでも短いなりに色々経験してきました。

 

その中で、
今の僕がここにあるのは
正しい選択をしてきたからです。

正確に言うと、
正しく選択を修正したからです。

 

「選択を間違えた!」
と思うことは何度かありました。

でも、
その選択を自分の都合のいいように
修正したのです。

無理矢理。

 

「あの時こんな選択をしてしまったけれど、
もし違う選択をしていたら今の自分は無かったかもしれない。」
そう考えるのです。

昔、選択を誤って辛いことがあったのですが、
それが無ければ僕は「本当の自由」に
出会うことは無かったのでしょう。

あの時、
選択を誤ってしまったのですが、
今考えるとその選択は正しかったのです。

間違った選択を自分の都合のいいように
無理矢理修正してやるのです。

 

ただのポジティブ思考だって?

たしかにそうかもしれません。
それでも、
「あの時の選択は正しかった!」と思えたら
辛い思い出も自分の成長に繋がります。

モチベーション維持にも使えるので
いいことずくめですよ。

 

選択を誤っても
無理矢理いい方向に修正してやりましょう!

著者プロフィール

森 しゅんぺい
釣りやマンガ、音楽など多趣味な20代。 高校生のころから「自由な人生」と「起業」に 興味を持ち、大学では経営学を専攻。 その後、アフィリエイトや 中古販売事業など手掛けてきましたが、 それらを生業とするには起業は不可欠。 あなたは、 経営学部で学んでも起業できない という衝撃の事実を知っていますか? 僕は経営学部で学びましたが、 そこで学ぶことだけでは起業できないのです。 でも、自由になりたい人や起業したい人は いっぱいいるはず。 僕のようにそれを目指して 経営学を専攻する人もいるでしょう。 でも、大学では"起業"は学べない。 「だったら僕が"起業"を伝えればいい!」 そう思い立ってこのサイトを立ち上げました。 あなたが本当に知るべき"自由"と 誰でも簡単に学べる"起業学"を 分かりやすくお伝えしていきます。 必見!オススメ記事 次世代起業家は働かない?!経営学部が語る大学では学べない起業法
Pocket

 - 幸せ, 日々の生活・人生