起業したい!自由になりたい人のための起業学|次世代の起業家になる方法と失敗しないための経営戦略

リスク0で起業したい!失敗することなく成功まで上り詰める、現代に合った次世代の起業法を知り、真の「自由」と「幸せ」を手に入れるためのブログ。あなたも自由で幸せな起業家を目指してみませんか?

次世代起業家育成セミナー

ニーズとは違うウォンツで売る

      2016/07/01

Pocket

お客さんにモノを売るとき、
「ニーズを意識しよう」と聞いたことがある人は
多いと思います。

ニーズに訴えかけることができれば
商品は売れやすいですが、
そのような商品はそう簡単に思いつくものではありません。

 

ニーズは「必要」などの意味を持ちます。
お客さんのニーズを考えるということは、
お客さんにとって何が必要かを考えるということです。
そして、
お客さんが必要とする商品を売ります。

ニーズに訴えかけるのって、
そんなに簡単なことではなさそうですね。

 

それと似た言葉で「ウォンツ」というのがあります。
ウォンツは「欲しい」などの意味を持ちます。
「必要ではないけど欲しい。」
欲求に訴えるんです。

「欲しい」と言う欲求は強力で、
これに訴えかければ商品が売れます。

 

ニーズとの違いは
「欲しがらせる」ことができるんです。
お客さんに「これは絶対に必要だ」と思わせるより、
「これ欲しい」と思わせる方が簡単です。

ウォンツに訴えかけ、
お客さんが「欲しい」と感じたとき、
売れるんです。

 

欲しがらせるのはコピーライティングという
文章術を使ったり、
心理学を勉強する人もいますね。

ウォンツに訴えかけるのは、
勉強すればその分だけ技術が身に付きます。
しっかり学べば「商品が1つも売れない」
なんてことは無いはずです。

ニーズよりウォンツです。
欲しがらせた者勝ちです。
ウォンツに訴えかけると大きな利益を獲得することもできますよ。



 

ニーズに合ったのか、それともウォンツに訴えかけたのか、
とある参考書が異例の売上を上げました。
中学の参考書なのですが、通常は1年で1万部です。
しかし、この参考書は発売から約2ヶ月で13万部を達成しました。
たった2ヶ月で通常の13倍売りました。

ボーカロイド(通称ボカロ)と呼ばれる音声合成ソフトが
あるのですが、
それを上手く使った参考書です。

 

その前に、
ボカロを知らない人はそんなにいないと思いますが一応。
ヤマハが開発した音声合成ソフトで、
メロディと歌詞を入力するとその通りに歌ってくれるソフトです。
「初音ミク」を筆頭に様々なキャラクターが
歌ってくれる大人気ソフトです。

ボカロで有名なのは「千本桜」や「初音ミクの消失」などですかね。
「千本桜」は、あの小林幸子も歌っています。

 

話を元に戻しますね。
今回異例の売上をみせた参考書は
ボカロを使った中学生向けのもので、
「MUSIC STUDY PROJECT」と言うシリーズです。

中学生が大好きなボカロを上手く使って参考書を作りました。
ただの堅苦しい参考書なんて面白くもクソもないのに対し、
こちらのは楽しく学べ、覚えやすいです。

難しい参考書より楽しく学べる参考書の方が
欲しいに決まってます。

 

テストで100点取れる参考書より、
楽しく学べる参考書の方がいいんです。

そして、
ただ、楽しいだけの参考書より、
好きなボカロの歌で覚えたいんです。

 

 

ニーズも大切ですが、
ウォンツで欲求を刺激することも同じくらい大切ですね。

著者プロフィール

森 シュン
釣りやマンガ、音楽など多趣味な20代。

高校生のころから「自由な人生」と「起業」に
興味を持ち、大学では経営学を専攻。

その後、アフィリエイトや
中古販売事業など手掛けてきましたが、
それらを生業とするには起業は不可欠。

あなたは、
経営学部で学んでも起業できない
という衝撃の事実を知っていますか?

僕は経営学部で学びましたが、
そこで学ぶことだけでは起業できないのです。

でも、自由になりたい人や起業したい人は
いっぱいいるはず。
僕のようにそれを目指して
経営学を専攻する人もいるでしょう。
でも、大学では"起業"は学べない。

「だったら僕が"起業"を伝えればいい!」
そう思い立ってこのサイトを立ち上げました。
あなたが本当に知るべき"自由"と
誰でも簡単に学べる"起業学"を
分かりやすくお伝えしていきます。

必見!オススメ記事
次世代起業家は働かない?!経営学部が語る大学では学べない起業法
Pocket

 - 戦略・知識・思考