起業したい!自由になりたい人のための起業学|次世代の起業家になる方法と失敗しないための経営戦略

リスク0で起業したい!失敗することなく成功まで上り詰める、現代に合った次世代の起業法を知り、真の「自由」と「幸せ」を手に入れるためのブログ。あなたも自由で幸せな起業家を目指してみませんか?

次世代起業家育成セミナー

商品が売れる3つの特徴

   

Pocket

スーパーとかコンビニとか行くと
類似商品が並んでます。
情報商材などを見ても同じことが言えますね。

よく似た商品が多い中、
お客さんが選びやすい商品は
他と比べて安いものか、
役に立つ特徴があるものです。

 

何の特徴もなく、
他と比べてもあまり大差ない商品というのは
選ばれにくいものです。

自分の持ってる商品の特徴を
お客さんに理解できるように伝えましょう。

 

1.独自性があるように見えること。

商品の特徴はあなた特有のものでなくても良いのです。
他の会社も同じようにやっている事で、
まだそれをウリにしている会社が無ければ、
自分が最初に商品の特徴として売り込めばいいのです。

例えば、
商品の製造プロセスに「衛生管理」があって、
どこの会社も同じように衛生面に注意を払っていたとします。
しかし、どの会社もそれをウリにしていない。
そこで、ある会社が「自社製品は衛生管理が行き届いてます!」
と言うと、その会社は他の会社より衛生面に気を使ってるな~と
お客さんは思ってしまうのです。
他のどの会社もやっている事なのに。

 

2.役に立つ特徴であること。

独自性があるように見えるだけではダメです。
商品の特徴にお客さんが必要性を感じなければ売れません。
どんなに独自性がある商品でも役に立たなければ誰もいりません。
それよりは、
完全に独自なものとは言えない特徴を
独自性があるように見せるのが効果的です。

 

3.コンセプトが単純であること。

商品の特徴がトレンドに合ってるとすれば、
それは単純なものであることが多いです。
複雑なものが流行ることはめったにないので。

単純明快な特徴を売りましょう。
複雑で難しい説明書きの商品は売れにくいです。

ヒトはめんどくさがりなので、
理解するのに時間がかかるような説明や特徴は
見てくれません。
分かりやすくすることが大切です。

 

 

以上3つを意識すれば、
お客さんに商品を選んでもらいやすくなります。
数多くある商品の中からお客さんに見てもらうには
役に立つ特徴を独自性があるように見せ、
かつ分かりやすくすることです。

難しい特徴を売ってはいけません。
できる限り分かりやすくするのです。

 

 

 

PS.

昔ながらのビスケット「MARIE(マリー)」。
森永のビスケットです。

MARIE画像

 

箱の裏に、「他のビスケットよりおいしくない」って
書いてありました。

MARE画像

 

塩味以外劣ってる・・・

 

味博士の鈴木隆一さん曰く、
「他のビスケットに比べて、甘さが控えめなので
小麦の香ばしいおいしさや塩味を感じやすいようです。」
ということらしいです。

なるほど、これがMARIEの特徴なのね。

著者プロフィール

森 シュン
釣りやマンガ、音楽など多趣味な20代。

高校生のころから「自由な人生」と「起業」に
興味を持ち、大学では経営学を専攻。

その後、アフィリエイトや
中古販売事業など手掛けてきましたが、
それらを生業とするには起業は不可欠。

あなたは、
経営学部で学んでも起業できない
という衝撃の事実を知っていますか?

僕は経営学部で学びましたが、
そこで学ぶことだけでは起業できないのです。

でも、自由になりたい人や起業したい人は
いっぱいいるはず。
僕のようにそれを目指して
経営学を専攻する人もいるでしょう。
でも、大学では"起業"は学べない。

「だったら僕が"起業"を伝えればいい!」
そう思い立ってこのサイトを立ち上げました。
あなたが本当に知るべき"自由"と
誰でも簡単に学べる"起業学"を
分かりやすくお伝えしていきます。

必見!オススメ記事
次世代起業家は働かない?!経営学部が語る大学では学べない起業法
Pocket

 - マーケティング, 戦略・知識・思考