起業したい!自由になりたい人のための起業学|次世代の起業家になる方法と失敗しないための経営戦略

リスク0で起業したい!失敗することなく成功まで上り詰める、現代に合った次世代の起業法を知り、真の「自由」と「幸せ」を手に入れるためのブログ。あなたも自由で幸せな起業家を目指してみませんか?

次世代起業家育成セミナー

国はあなたの面倒をみません。

   

Pocket

「日本に面倒を見てもらおう!」

その考えは非常に危険です。
年金がもらえる、
老後の面倒は国が見てくれる、
そんな幻想を信じてはいけません。

一昔前なら、
年金や老後も保証されていました。
しかし、
現代の日本では保障されないどころか、
これからどんどん苦しくなっていくでしょう。

 

 

ある男性会社員は深い悩みを抱えています。
彼の母は要介護5で、
特別養護老人ホームで暮らしてます。
その老人ホームからの請求額が突然跳ね上がったそうです。

負担が増えた理由は介護保険制度の改正で
2015年8月から様々な条件が加わったからです。

 

そして、
自治体の生活相談窓口で担当職員から言われたのは
「国にはもう財源が無い。生活プランを見直してほしい。」
という何とも絶望的なセリフ。

もう、誰を頼っていいのやら。

 

国はとても頼れそうにないですね。
国を頼りにしていたら暮らしが成り立たなくなってしまいます。
財源が無い国はお金を与えることはできません。

もう、国は国民の面倒を見てくれませんよ。

 

会社もそうですよね。
ちょっと前は終身雇用が当たり前でしたが、
今では幻想となってしまいました。

 

自分以外に頼っていると、
それが崩壊したときに被害に遭うのが
自分やそれを頼りにしていた人たちです。

 

会社の終身雇用を頼りにしていると、
それが幻想となったとき、
リストラされるのがそれをひたすら信じていた人。
そして会社は自分のことを考えるだけで精いっぱい。

国を頼りにしていると、
財源が無くなったとき、
苦しい思いをするのは国を信じていた国民。
そして国は国民ひとりひとりを見ることができない。

 

会社を頼りにすること、
国を頼りにすること、
それが正しいはずだったのに
いつから変わってしまったのでしょうか。

もう何も頼れません。

 

頼れるのは自分のみ。

わざわざ他を頼らず、自分に頼るのです。

それが一番安心です。

 

そのためには、
自分に頼ってもらえるような自分になることです。
国の世話にならなくても
生活できれば一番安心できます。

自分で大金を稼いで、
国をあてにせず、
自分に頼れる生活。

そんな安心を手に入れれば、
なにも不安なこと心配なことは無くなります。

 

公務員だってどうなるか分かりません。
今は、究極の安定と呼ぶにふさわしい職業ですが、
今後10年先、20年先はどうなってるか予想もできません。

例えば、給料が大幅に減ったり、
採用人数が極端に減ったり、
公務員法が改正されたり。

そんなことになってしまったら、
究極の安定は崩壊して
とんでもない数の人が途方に暮れることになるでしょう。

 

もう国は面倒を見てくれません。
自分でなんとかするしかないのです。
ビジネスでも株でも何でもいい。
自分で稼いで自分に頼って生活するのが
安心安定です。

著者プロフィール

森 シュン
釣りやマンガ、音楽など多趣味な20代。

高校生のころから「自由な人生」と「起業」に
興味を持ち、大学では経営学を専攻。

その後、アフィリエイトや
中古販売事業など手掛けてきましたが、
それらを生業とするには起業は不可欠。

あなたは、
経営学部で学んでも起業できない
という衝撃の事実を知っていますか?

僕は経営学部で学びましたが、
そこで学ぶことだけでは起業できないのです。

でも、自由になりたい人や起業したい人は
いっぱいいるはず。
僕のようにそれを目指して
経営学を専攻する人もいるでしょう。
でも、大学では"起業"は学べない。

「だったら僕が"起業"を伝えればいい!」
そう思い立ってこのサイトを立ち上げました。
あなたが本当に知るべき"自由"と
誰でも簡単に学べる"起業学"を
分かりやすくお伝えしていきます。

必見!オススメ記事
次世代起業家は働かない?!経営学部が語る大学では学べない起業法
Pocket

 - 日々の生活・人生