起業したい!自由になりたい人のための起業学|次世代の起業家になる方法と失敗しないための経営戦略

リスク0で起業したい!失敗することなく成功まで上り詰める、現代に合った次世代の起業法を知り、真の「自由」と「幸せ」を手に入れるためのブログ。あなたも自由で幸せな起業家を目指してみませんか?

次世代起業家育成セミナー

仕事で「うつ」になって。

   

Pocket

日本は仕事でうつになる人が多いです。
「よくある話」と思う人は多いかもしれませんが、
世界からは異常な光景に見えますよ。

 

今日、とある記事を目にしました。
仕事でうつになる人や
仕事に縛られてる人が取り上げられていました。

彼らは社畜となり、
身を粉にして会社にその人生を捧げます。

その記事がこちら↓↓↓
http://news.yahoo.co.jp/feature/188
(ログインしないと見れないみたいです。ログインできない方は申し訳ありません。)

 

 

ふざけるのも大概にしてほしいです!
日本の社会はどうなってるんですか?!
いい加減にしてほしいです!!

 

僕はこういった記事を見たり、
話を聞く度に怒りが湧いてきます。
いくらなんでも酷すぎますよ。

日本の会社は社員を何だと思ってるんですか?
だいたい、「社畜」って何ですか?
こんなアホな国、他にないですよ。

 

 

本当にひどい。

 

理由もないのに涙が溢れ、
人ごみが怖くなり、
ちょっとした音にも恐怖を感じるほど苦しいのに、
診断書ももらっているのに、
会社に休職を受け入れてもらえなかった男性。

 

以前は斬新なアイデアがぽんぽん浮かび、
顧客から表彰されたこともあるほどだったのに、
後輩からの質問にもうまく答えられなくなってしまったそうです。

とうとう身体が悲鳴を上げ、
立ち上がることすらできなくなり休職。

 

その後、23年勤めた会社を退職したが、
退職金はわずか100万円。

 

 

これだけじゃありません。

 

24時間携帯電話に縛られ、
一生に一度の保育園卒園式すら
まともに出席することができなかった女性。

子どもに手の込んだ料理を食べさせることも、
話をゆっくり聞いてあげることも難しく、
限界を感じて男性所長に相談しても
返ってきた言葉は

「子どもは勝手に育つよ。」
「放っておいても大きくなるよ。」

というあまりにも無責任な言葉。

ようやく小学校に上がる子と
まだ保育園に通っている子ですよ?!
自分が何を言ってるのか分かってるんでしょうか。

 

 

日本にはまだまだ
苦しんでいる人たちがたくさんいます。
このまま放っておくわけにはいかないですよ。

仕事でうつになって、
社畜であることを受け入れ、
その身を削って会社のために尽くす人生なんて
本来とても奇妙でおかしいはずです。

なぜ、
日本ではこれが「よくある」話なのでしょう?
不思議で仕方ありません。

 

日本の外では自分の賃金以上の労働は
しないのが当たり前です。
サービス残業なんてどれほど滑稽に見えることか…

 

日本の労働環境を変えるには
日本の教育を変える必要があります。
サービス残業が当たり前だと
教える教育なんてクソくらえです。

苦しいときや辛いときは逃げてもいいのです。
いや、むしろそうしないと
手遅れになってしまいます。

仕事はうつになるためでなく、
人生を豊かにする手段の一つとしてあるのです。
社畜なんてやってる場合じゃないです。

 

日本人はもっと逃げることを学ぶべきですね。

 

 

 

・・・ふぅ。

今日は乱暴な言葉が多かったので
不快に感じてしまったら申し訳ありません。

でも、本当に日本はどうかしてますよ。
早く何とかしなければ・・・

僕もできる範囲の事はやっていきたいです。

著者プロフィール

森 シュン
釣りやマンガ、音楽など多趣味な20代。

高校生のころから「自由な人生」と「起業」に
興味を持ち、大学では経営学を専攻。

その後、アフィリエイトや
中古販売事業など手掛けてきましたが、
それらを生業とするには起業は不可欠。

あなたは、
経営学部で学んでも起業できない
という衝撃の事実を知っていますか?

僕は経営学部で学びましたが、
そこで学ぶことだけでは起業できないのです。

でも、自由になりたい人や起業したい人は
いっぱいいるはず。
僕のようにそれを目指して
経営学を専攻する人もいるでしょう。
でも、大学では"起業"は学べない。

「だったら僕が"起業"を伝えればいい!」
そう思い立ってこのサイトを立ち上げました。
あなたが本当に知るべき"自由"と
誰でも簡単に学べる"起業学"を
分かりやすくお伝えしていきます。

必見!オススメ記事
次世代起業家は働かない?!経営学部が語る大学では学べない起業法
Pocket

 - 仕事・労働, 出来事・思った事, 日々の生活・人生