起業したい!自由になりたい人のための起業学|次世代の起業家になる方法と失敗しないための経営戦略

リスク0で起業したい!失敗することなく成功まで上り詰める、現代に合った次世代の起業法を知り、真の「自由」と「幸せ」を手に入れるためのブログ。あなたも自由で幸せな起業家を目指してみませんか?

次世代起業家育成セミナー

会社を潰す方法はこれだ!─研究すればお客さんに喜ばれるかも

      2018/09/19

Pocket

会社を潰してやった! イメージ画像

「この憎たらしい会社を潰してやりたい。」そんなこと、一度は考えたことありませんか?

「会社を潰してやればもう出社しなくてもいいのに…」
「もう、いやな上司と顔を合わせたくない…」
「こんな嫌な仕事、もうやりたくない…」

今回のテーマは「会社をつぶす方法」です。

 

ニートが100万円ぶっこんで起業した物語

さて、今回はユニークな会社を潰す方法を見つけたので、それを紹介します。
会社を潰すのってあまりイメージは良くないのですが、
この方法ならお客さんは喜びますね。
社長や社員は困ってしまいますが…

とても面白いと思ったので紹介します!

 

まとめサイトを見てたら僕の目を引くタイトルが飛び込んできました。
「社内イジメを受けて辞めた同僚が、4年かけてウチの会社を潰しにきやがった
無事に倒産し祝!無職!!」

会社を経営する方法ではなく会社を潰す方法です。
いったいどうやって潰すことに成功したのか
とても気になって見てみたのですが、思ってたより面白かったです。

 

会社をつぶす方法
会社を潰す方法から学べる事
これからは会社を潰すことも考えよう

 

 

会社をつぶす方法

会社で無視などのイジメを受けていたAさんは
会社を辞めた4年後に見事、潰すことに成功したそうです。

 

最初にAさんは社内イジメを受け、退社。
元々仕事ができる人だったのでお客さん絡みで別の会社に就職。

それから3年後、Aさんがイジメられてた会社が大変なことに。
お客さんから契約のキャンセル&取り消しラッシュ。
社員の給料すら払えなくなりました。
そして、潰れました。

 

実はAさんは独立し、
元いた会社と同じ商品を取り扱っていて、
お客さんを全部奪ってしまったのです。
Aさんは会社をつぶすことに成功しました!

 

Aさんは元いた会社と同じ商品を作り、
元いた会社のお客さんを全部奪って
会社を潰すという方法を取ったのです。

 

なるほど、これには驚きです。
僕も昔、会社を潰す方法を考えたのですが、
なかなか思いつかず、
物語の中だけの話だと思ってました。
(会社を潰す方法にはそこまで興味なかったので深くは考えなかったのですが。)

会社を潰す方法も研究すると意外と面白いかもしれませんね。

 

 

会社を潰す方法から学べる事

さて、今回は会社を潰す方法が一つ分かりました。
あなたがサラリーマンで会社を潰すことばかり考えているのなら、
今すぐに独立しましょう。
会社を潰す方法は上に書いてあります!

 

でも、
会社を潰すというのはそれなりのリスクも伴うので
それは気を付けてくださいね。

 

 

会社を潰す方法なんて言うと危なく聞こえますが、
Aさんのようにお客さんを奪うという考え方は良いと思います。

例えば、
A店とB店の2つのレストランがあって、
同じ広さの店内、
同じ味、
同じメニューを扱っているとしましょう。

あなたはどちらに行きたいですか?

 

どっちでもいいですよね。
強いて言うなら家から近い方ですかね。
違いがなければ別にどっちでもいいんです。

 

じゃあ、A店がこんなことを言ったらどうですか?

「うちの店に来てくれたらお好きなドリンク1杯無料!
それだけじゃありません。
1500円以上の注文をしてくれたらお得な割引券プレゼント!
もっとお得に、もっとおいしい料理を提供します。」

 

さあ、どうでしょう。
A店とB店、どっちに行きたいですか?

ほとんどの人はA店を選ぶはずです。
ほんの少し差をつけただけでA店を選ぶ人が増えます。
人はお得なものが好きなので、
少し変化をつけてあげるだけでライバルに差をつけることができるのです。

 

 

最初の話に戻りますが、
Aさんはお客さんを奪って会社を潰すことに成功しました。
これはお客さんがAさんの会社のほうが「良い」と思ったからです。

同じ商品を取り扱っていても、
どこかで少し差をつければAさんのように会社を潰すことができますよ。

 

 

これからは会社を潰すことも考えよう

会社を潰す方法を考えるということは
ライバルに差をつけるということでもあるんですね。

ライバルの会社を潰すつもりで
サービスを提供すればお客さんも喜んでくれます。
より良いサービスを考えましょう。

 

 

PS.

インターネットは嘘でも何でも書き込めます。
Aさんの話が本当の話かどうかは分からないので注意してくださいね。

 

PPS.

ニートが100万円ぶっこんで起業した物語

著者プロフィール

森 シュン
釣りやマンガ、音楽など多趣味な20代。

高校生のころから「自由な人生」と「起業」に
興味を持ち、大学では経営学を専攻。

その後、アフィリエイトや
中古販売事業など手掛けてきましたが、
それらを生業とするには起業は不可欠。

あなたは、
経営学部で学んでも起業できない
という衝撃の事実を知っていますか?

僕は経営学部で学びましたが、
そこで学ぶことだけでは起業できないのです。

でも、自由になりたい人や起業したい人は
いっぱいいるはず。
僕のようにそれを目指して
経営学を専攻する人もいるでしょう。
でも、大学では"起業"は学べない。

「だったら僕が"起業"を伝えればいい!」
そう思い立ってこのサイトを立ち上げました。
あなたが本当に知るべき"自由"と
誰でも簡単に学べる"起業学"を
分かりやすくお伝えしていきます。

必見!オススメ記事
次世代起業家は働かない?!経営学部が語る大学では学べない起業法
Pocket

 - マーケティング